自律神経失調症は現代病なのです|セルフケア治療の極意

女の人

体はバランスが大切

笑顔の男の人

人は健康的に過ごすため取り組んでいくことが、体の調子を整えておく必要があります。 精神的な影響をうけて傷つきますと自律神経失調症を起こし、様々な不調があらわれるようになることから心療内科での治療が望まれます。

読んでみよう

自分自身で理解しましょう

男の人

自律神経失調症の症状は人それぞれです。病院での治療は、主に薬物療法や精神療法を行います。専門医を受診して正しい治療を行うようにしてください。予防には、セロトニンのサプリメントが有効です。サプリメンとを利用しながら、生活環境を改善しましょう。

読んでみよう

自律神経の失調に関して

笑顔の女の人

増加傾向の自律神経不調

自律神経失調症は現代病です。不規則な生活習慣などから自律神経に異常をきたすと、自律神経失調症に冒される危険性があります。自律神経は精神、神経、内分泌など体に必要な機能を無自覚に行っています。交感神経と副交感神経が交互に働きながら、体の健康の維持調節に役立っているのです。しかしストレスや乱れた生活などからこの神経が正常に働かなくなります。現代ではライフスタイルの変化により、夜間帯でも仕事や勉強や遊びといった活動による夜型生活になっていたり、様々な場面においてストレスに晒される機会が増えています。その結果として自律神経失調症に陥る機会が増えているわけです。そうなると体を正常に維持していたはずの様々な機能がうまく働かなくなります。こうした自律神経失調症の厄介なところは、治療のために行った病院での診断でも特別異常があるようには思われないのに、体の調子がおかしいといったことです。これは神経や精神の部分の問題であって、目立った外傷があるわけではないという理由によるものです。

正常な自律神経のために

過度なストレスや乱れたライフスタイルに思い当たる方は、自律神経失調症に陥る可能性があるというのは上述した通りです。めまい、動悸、慢性的なだるさ、不眠、下痢などの症状がある場合には、治療が必要になってきます。治療法には様々なアプローチがあります。薬の投与による治療法もありますが、一時凌ぎにしかならず根本的な解決は出来ません。まずは生活習慣を改めることが必要です。就寝時間と起床時間が定まらないと、神経がいつ交感神経に入り、いつ副交感神経に入れば良いのかが分からなくなり混乱し内部で異常をきたします。交感神経が働き続ければ、本来休まなければならない就寝時間にも、神経が高ぶって眠りにつくことができません。副交感神経が優位に立ちすぎると、今度は体のだるさを招き体が正常に機能してくれません。そして過度なストレスがある場合も問題です。ストレスによって交感神経が常に優位に立ち、精神的にも疲労してくると体の不調に繋がります。気分転換になることをしたり、ストレス発散目的での軽い運動やマッサージやストレッチなども有効です。疲労を回復させ、リラックス効果もある自律訓練法などもあります。また、最近では、自律神経失調症に効果的な健康食品や漢方も様々な場所で購入する事が可能です。日々の生活の中へ取り入れて見る事をオススメします。

現代病と言える症状

男性

自律神経失調症は、普段からよくあるような症状が特徴です。診断された人の多くは、ストレスを原因とする何らかの症状を持っている事もわかっています。ライフスタイルを見直し、診察を受けて症状を把握し、サプリなどで補うと効果的です。今後は治療に対する意識が高まり、関連するサプリの需要も増加すると予測されます。

読んでみよう